利用目的は資格取得です

保育士と子供

保育士の専門学校を利用する目的としては、なんといっても資格取得が挙げられます。保育士として働きたいと思った場合には、資格が必要になるでしょう。たとえ資格がなくても働くことはできますが、業務に制限が出てきたりと不便なこともあります。このため基本的には必須資格に近いものだと考えておくとよいでしょう。保育士の資格を取得するためには、厚生労働省が指定している大学や短大、専門学校などの保育士養成施設の養成課程を経て卒業することにより取得が可能です。できるだけ早く実際の現場で働きたいという人におすすめとされているものが、短大や専門学校と言えるでしょう。4年制大学の場合には資格を取得するまでに4年がかかり、その他は2年の施設が主流となっています。学費に関しては施設による大きな幅があり、4年制大学が一番高い傾向にあり、専門は比較的安く済ませられる特徴があります。早く資格が欲しい、できるだけ費用を抑えたいという人には専門学校が一番お勧めであることがわかります。また現在はほかの業種で働いているけれども、将来的に学習を目指したいという人や、子育て中で再スタートをしたいという場合には、なかなか昼間に通学する時間はないでしょう。このような人のために夜間や通信課程の設定もあります。このような所を利用すれば、働きながら、そして子育てをしながらでも保育士を目指すことができるでしょう。

選び方のポイントを知ろう

園児と先生

保育士の資格を取得するために、数ある学校の中からどこを選べばよいのかわからない人は多いものです。一つのポイントとして、卒業までの期間が挙げられます。専門学校の中には2年で卒業できるところもあれば、余裕を持って3年のカリキュラムが組まれているところもあります。卒業までにどれぐらいの期間がかかるのかも、施設を選ぶうえで重要なポイントとなります。とにかく早く現場に出て働きたいのか、それともある程度のスキルを磨きたいのかなど、実際に職場に出るまでのスケジュールについても自分の中で計画していく必要があります。そして卒業するまでの学費の総額もしっかりと把握しておかなければなりません。頑張って通っていたのに学費が払えずに諦めてしまってはもったいありません。無理なく通い続けられる学校を選ぶことが大切です。そして専門学校の就職率も事前に把握しておきたいものです。卒業してすぐに保育士になるわけではなく、実際に就職してから始めて働くことができます。どのような就職のサポートをしてもらえるのか、就職率などを参考にして、手厚いサポートのある専門学校を選びたいところです。

広告募集中